2-KN

  • 経営者
  • 経営改革
  • AI・BI・データ活用
  • DXノウハウ

基調講演

中小企業×自治体×テクノロジー
真の地方創生の在り方を考える

東国原 英夫

元宮崎県知事/前衆議院議員

1957年(昭和32年) 宮崎県都城市生まれ。2007年1月 第52代宮崎県知事に就任。就任後は、独自の感性と行動力で宮崎県勢の発展に尽力し、常に地方の代表として全国に情報を発信し続け、数々の賞を受賞し、改革派の知事として高い評価を得る。 その後、国家構造、並びに統治システムの変革、地方分権の推進等を図るため、宮崎県知事を1期にて退任し国政に進出。2013年12月に衆議院議員を辞職し、現在はメディアや政治行政の場で幅広い活動を展開中。

毛塚 幹人

都市経営アドバイザー

1991年2月19日生まれ。栃木県宇都宮市出身・在住。2013年に財務省入省。国際局、主税局等を経て財務省を退職し、茨城県つくば市の副市長に2017年4月就任。副市長として政策イノベーション部、財務部、経済部、市民部、保健福祉部等を担当するとともに、CIOとして行政のデジタル化やテクノロジーの社会実装を推進。2021年3月に退任し、地方自治体の政策立案や職員育成支援の取組を開始。栃木県那須塩原市及びさくら市の市政アドバイザー、三重県みえDXアドバイザーを務める。Forbes JAPAN誌「世界を変える30歳未満の30人」選出。

増田 拓也

セールスフォース・ジャパン

インダストリーズトランスフォーメーション事業本部イノベーション推進部
イノベーションデザイナー

2017年株式会社セールスフォース・ドットコムに入社。プリセールスとして企業のコマースビジネスのデジタル化推進・支援を数多く手掛ける。2020年に一般社団法人世界経済フォーラム 第四次産業革命日本センター(C4IR Japan)へ派遣される。スマートシティプロジェクトフェローとして、スマートシティを推進する自治体のネットワーク強化や自治体のスマートシティ推進支援、情報アクセシビリティの普及活動に従事。2022年に帰任後同本部においてステークホルダーとの共創のもとで社会課題解決およびビジネス創出を目指すイノベーション推進を担当。

日本企業の9割を占める地域・中小企業の成長なくして日本経済の回復はない。地域・中小企業の経営に大きなリスクをもたらす地域社会の超高齢化、人口減少、災害やインフラの老朽化などの課題解決は、自治体、地域企業が明確なビジョンを共有し、共創していくことがカギとなる。さらに地域の強みを創出し、IT・テクノロジーを活用しながら、いかに地域社会の人々の雇用や生活を変えるのか考察していく。

東国原英夫氏の登壇は、同氏の宮崎知事選挙出馬表明前に確定しました。
Salesforceや本セッションの登壇者が特定の候補者や政党、思想を支持することはありません。

00:00-00:00

Trailblazer Interview

苗字 名前

会社名会社名会社名会社名会社名

部署・役職テキストテキストテキストテキストテキスト

プロフテキストテキ10プロフテキストテキ20プロフテキストテキ30プロフテキストテキ40プロフテキストテキ50プロフテキストテキ60プロフテキストテキ70プロフテキストテキ80プロフテキストテキ90プロフテキストテキ100プロフテキストテキ110プロフテキストテキ120プロフテキストテキ130プロフテキストテキ140プロフテキストテキ150プロフテキストテキ160プロフテキストテキ170プロフテキストテキ180プロフテキストテキ190プロフテキストテキ200

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

  • ※プログラムは予告なく変更する場合がありますのでご了承下さい。